基礎化粧品とは

基礎化粧品とは

基礎化粧品

日々のメイクをする前に、誰でも必ず使っているだろうものが基礎化粧品です。

 

スキンケアに基礎化粧品は欠かせないもので、肌の健康維持に重要です。外に出ずとも空気中に漂うチリな砂、排気ガスはむきだしの顔に物理的刺激となって影響を与えます。

 

外気の湿度や温度、紫外線も皮膚を刺激する要因です。首から上は布でおおうことがほとんどなく、顔は日差しの強い日も風が吹き荒れる日も刺激を受けているのです。

 

基礎化粧品は肌をケアして肌に水分を与え、ハリのある健康な状態を作るものです。他の化粧品はそれらを保護するものです。

 

皮膚は標準的には約2週間かかって細胞分裂を繰り返しながら徐々に表面向かって押し上げられ、やがて肌の表面の角質層に達します。通常20代の女性の肌ではそれから約2週間角質にとどまります。

 

最後には垢となってはがれ落ちていきます。角質は垢となって落ちていく直前の皮膚であり、古い角質の下にはもう次の新しい角質が待機しています。

 

古い皮膚が垢になって落ちる頃には新しい皮膚が出来上がっており、その皮膚が古くなる時には次の皮膚ができているというサイクルが維持されているかぎり、皮膚の状態は健康です。

 

肌質に合う基礎化粧品を使ったスキンケアによって、肌に十分な潤いを与え健康な肌を維持することが可能になります。肌の調子を整えるためには、食生活や生活習慣の見直しだけでなく、基礎化粧品による適切なケアが必要です。