ピーリング石鹸の使用方法と注意点

ピーリング石鹸の使用方法と注意点

ピーリング石鹸,使用方法,注意点

酸によって肌の古い角質を溶かして剥ぎ取る効果があるピーリング石鹸は、普通の洗顔料を使う時より、少しだけ気をつけて使わなければならないものです。

 

肌に与える影響が、酸の配合量によって違いがあるのがピーリング石鹸の特徴です。酸の配合量が少ないものを初めてピーリング石鹸を使う時は選びましょう。そして酸の配合量が多いものへと、肌の状態を確認しながら変えて行くようにした方が良いでしょう。

 

ピーリング石鹸はしっかりと泡立てて使うことが大切です。普通の洗顔の時でも同じようなことがいえますが、石鹸を肌に指で擦り付けるのではなく、洗顔する時は泡を転がすように洗うと良いでしょう。

 

洗うときに指で擦るようにしてしまうと肌を傷つけてしまう可能性があるのです。肌への刺激がピーリング石鹸を使う場合は普通の洗顔料より強くなりますので、指で擦るような洗い方は絶対にやめましょう。

 

そういったことからも、ピーリング石鹸を使用する時には、きちんと泡立てることが重要なのです。ピーリング石鹸を使用した後はしっかりと洗い流さなければなりません。

 

ピーリングをより効果的に行うために、2分から3分程度泡を付けたままにしておくこともひとつの方法です。でもピリピリとした痛みを感じるようだったらすぐに、ピーリング石鹸を洗い流すようにしてください。

 

ピーリング石鹸を使った後の肌はとても敏感になっていて、とても乾燥してしまうことがあります。充分に保湿をして、洗顔後はお肌のケアを忘れないようにしましょう。